齋藤彩夏のfissmember ayaka Blog 新潟のデザイナーが手掛けるブライダルブランドBRIDGE

スポンサーサイト

--------(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟のデザイナーが手掛けるブライダルブランドBRIDGE

2014-01-03(00:15)

新潟の結婚指輪・婚約指輪 ブライダルジュエリーブランド BRIDGE(ブリッジ)



本日はBROOCH 取り扱いブランドBRIDGE をご紹介いたします♡



ブランドコンセプト



BRIDGEのブライダルリングはお互いの歴史を重ねる
2人の”はしわたし!をコンセプトに展開しています。
いくつもの橋を渡って出会い、これからはふたりで
いくつもの橋を渡ってゆく・・・
ふたりが出会い、揺るぎない絆で結ばれる
お互いの「はしわたし」となるブライダルリングです。



橋には大地の端と端を結ぶ
”はしわたし”
という意味が込められています
様々な偶然から出会い結ばれた二人は
お互いの歴史を重ね合わせてゆくのです
人々とのふれあいの中で育んできた思いと
これから
ここで歩んでいく
誓いの架け橋になりたい
BRIDGEにはそんな願いが込められています





結婚指輪はただ見た目のデザインだけで選ぶのではなくて



こんな風にリングに込められた想いやデザイナーの気持ちなども知りながら



選んでいくのもいいですよね♡



せっかくの二人の夫婦の証なので・・・♡





BRIDGEの私おすすめリングはこちら





上)Pt950 ¥126,000
中)YG750/Dia0.07ct ¥105,000
下)Pt950/Dia0.07ct ¥147,000

Bond Forever



永遠の絆~喜綱~

吊り橋や海峡の大橋を支えるロープやワイヤーをモチーフにしています。
険しい環境でも人と人をつなぐ絆を表しています。
日本では古来より、縄を編んで綱を造る事を、自然界の産物を納めて道具に変える神聖なものとしていました。自然界の神『壱百八の神』を納めることに用いられていたり、縄によって神聖な場所を区別しことから(注連縄など)、ふたりの想いを守る永遠の絆(喜綱)として表現しています。絡み合って支える絆のロープは幾重にも重なる事で、しなやかさと強さが同居し強く強く結ばれます。







なるほど~意味もとっても素敵





レディースの流れる様に施されたダイヤモンド、綺麗ですよね♡



写真でも分かる様に、ダイヤモンドは角度を変えてセッティングされていますので



手や指の仕草で女性らしくどの角度から見ても美しく見えるのです





立体的なフォルムは装着した時に指にうつる影まで計算され、



指をしなやかに、そして上品にも魅せてくれます。







この永遠の絆は着けた時に今可愛いだけじゃなく、



10年先20年先と着けていける安心感やきちんと感をもっています。



女性はいつも現実的!笑



いきなりおばあちゃんになったりしないのに、おばあちゃんになっても似合うか考えてしまうものなんですよね!笑



これはそんな妄想花嫁さんおすすめです!







そして



メンズのリングには部分的にプラチナの光沢を抑えるブラスト(つや消し)仕上げを施し



力強さを演出。



ここが「なんでもいい」と思っていた男性もグッとくるポイントです!



(ちなみに 男性の言う「なんでもいい」は彼女が気に入ってくれたものならなんでもいい。



と言う意味ですので決してどーでもいいとおもっている訳ではありません。



世の女性の方々は勘違いをしないで下さいね )







せっかくの指輪選び、女性としては彼も気に入ってくれなきゃ嫌なんです。



だから楽しく、ポイントは気に入ったものがあったら女性は可愛くおねだりしましょう♡









以上fissmemberあやかのおすすめリング紹介でした!







PR:新潟のデザイナーが手掛ける橋渡しをコンセプトにしたBRIDGE





PR:新潟のBRIDGE取扱店はBROOCHのみです。是非店頭へ足を運んでみてください。http://www.brooch.co.jp/













スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。